まつもと工務店株式会社

お問合わせ
WORKS

施工実績
Housing exhibition.

戸建リフォーム工事

【施工内容】屋根の葺き替え、外壁塗装

屋根

今回ご依頼いただいた工事は屋根の葺き替えと外壁塗装工事です。
まずは点検・確認作業から行います。
屋根は生活している中で、自分たちの目で見ることが難しいので、傷みが出ていても気付きにくいですよね。その為、雨漏りなどの深刻な状況に繋がりやすいのです。
また、どんなに気に掛けていても、雨に濡れたり直射日光を浴び続けているので劣化を防ぐことは出来ません。
なので、定期的なメンテナンスは必要不可欠です。
家を守っていく為にも、塗替え時期、葺き替え時期、それらはプロに視てもらうことが大切だと思います。

現調資料

現場確認をした後は図面やプレゼン資料と併せて既存の屋根の状態を一つの資料としてお渡ししています。
屋根の場合だと「葺き替える」か「塗り替える」か、最終判断はお客様になりますので、現状をご確認いただくのはとても大切だと思っております。
もちろん、状況を見た上でどちらが適しているかの考えはお伝えさせていただきます。


屋根解体工事

今回は葺き替え時期の目安でもある、屋根材の先端がバラバラと花が咲いている状態になっていたこともあり、葺き替えをすることになりました。
まずは解体工事からです。
こちらの屋根は「コロニアル葺き」と言われる最もポピュラーな屋根材です。カラーが豊富で、新築・リフォームどちらにも施工可能です。
コロニアルを全て剥がし終えると防水シートが出てきます。さらにその下には合板が敷いてあり、雨漏りしているとこの合板やその下の野縁材なども壊す必要がありますが、今回はそこまでの必要はありませんでした。

塗装工事

屋根の葺き替え工事が終わると外壁の塗装が始まります。
まずは屋根と外壁の洗浄からです。足場のメッシュシートで建物全体を覆いますが、汚れた水が近隣に飛散してしまうので事前にご挨拶と工事のご説明をし洗濯物などにご注意いただくか室内干ししてもらうなどご協力のお願いをしています。
工事の日程表はお客様だけでなく、近隣の方にもお渡しし、出来る限りご迷惑を掛けないよう配慮しながら施工しています。とは言っても、外壁塗装などの屋外工事は天候などに左右されてしまうので、その辺も踏まえて工事日程はとらせていただきます。

塗装完了

洗浄が終わると塗装作業が始まります。下塗り、上塗りをし、養生を剥がして、足場を解体したら工事完了となります。
既存がサイディング張りの場合には目地コーキングの劣化具合により、コーキングの打ち増しや打ち替えをご提案し塗装後に施工します。
また、モルタル仕上げの外壁の場合にはヒビが入っていることが多く、これも雨漏りの原因となる為、補修のご提案をしております。補修をする場合には、塗装前に補修を行います。

塗装工事は事前にカラー見本から色を決めていますが、現場での色合わせも可能です。
サンプルで見ている色と実際塗ってみた色で多少イメージが違う場合などは「少し濃くしたい」とか「少し薄くしたい」といった調整を一番最初に確認していただき全体の色を決定します。
また、塗り分けなども可能で、1Fと2Fを違う色にしたり、バルコニーだけアクセントを付けるなど、事前打ち合わせの段階でご希望を伝えていただき塗装します。

工事費用は立地や諸条件により異なります。
まずは現状確認、打ち合わせをし、それから御見積書の作成となります。

ご注文・お問い合わせはコチラ

メールでのお問い合わせは24時間365日受付中!

04-2933-2266

電話対応時間:月~土曜日 9:00~18:00(定休日:日・祝日)

ページトップへ戻る